レディー

酵素ダイエットで綺麗に|我慢しなくても大丈夫

適切に使って良いお通じを

ドラッグ

刺激が強すぎるものに注意

便秘薬はあまり強くないものから使ってみるのがオススメです。便秘薬の初心者の場合にはそれほど強い薬を選んだりいきなり最大量を試したりすることはあまりないのでそれほど心配する必要はありませんが、便秘を繰り返す人はついつい量を増やしてしまうことが多いので注意する必要があります。便秘薬の成分には腸の蠕動運動を刺激するタイプの成分が多いのですが、こうした成分を繰り返し飲むことはオススメできません。人工的に蠕動運動を起こさせていると腸が自ら蠕動運動する機能が次第に低下してしまうとされているためです。したがって便秘薬を使うなら蠕動運動を刺激する成分はここぞというときに限って使い、その他の場合にはもっとマイルドな成分の薬を使用するのがオススメです。

安全性の高い善玉菌成分

便秘薬の成分として誰にでも安心して使えるのは腸内細菌を助けるタイプの薬です。腸内細菌は善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌から成っています。全体の細菌の種類は多い方がよいとされているので、乳酸菌や納豆菌、酪酸菌などを使用した便秘薬はその点からもオススメです。これらの便秘薬は問題となるような副作用もほとんどないので、子どもから高齢者まで使用することができます。乳酸菌などの善玉菌を使った便秘薬は効果があまりないと主張する人もいるようですが、そうした人には善玉菌のほかに生薬を配合した便秘薬がオススメです。生薬には蠕動運動を促進する作用がありますが、乳酸菌などの善玉菌と一緒に服用するため腸にかける負担は刺激の強い便秘薬よりずっとおだやかなものとなっています。